[「想像力」は鍛えられる?]

0

    久しぶりに会った友人との楽しい会話。

    心が通じ合う人との時間は本当に

    充実したものです。

     

    会いたい人に会う

    会いたいから会う

    それがすべてです。

     

    いろいろ話す中

    こういうことで意見が一致しました。

     

    「文脈を読むってことをしないのかな?

    想像力だろうか?」

    「想像力を使いましょうよ」

     

    これは、いわゆる炎上状態の記事や

    ニュースのこと。

    もちろん「それは仕方がない」ものもありますが、

    文章の一端だけを捉えて文句をつけたりする。

     

    全体を読み、把握すれば逆の意味のことだってある。

    全体を読むことを放棄してしまったらそれで終わり。

    そうして読んでも想像力を使わなければ

    違う意味に捉えてしまうことだってある。

     

    一度間を開けて「果たして本当にそうか?」と

    自分に尋ねる(想像力を使う)こと、大事ですよ。

     

    想像力は思いやりでもあります。

    そして鍛えられるものではないでしょうか?

     

    想像力、眠らせていませんか?

    ぐっすり眠らせないようにしたいですね。

     

    綺麗なガラスのコップと陽の光

    光がテーブルに映りこんで輝いていました。

     

    JUGEMテーマ:〃言霊〃

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:幸福に生きる

    JUGEMテーマ:生き方

     

     

    この記事を面白いと思ってくださった方へ

    ポチお願いします。励みになります!

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
    にほんブログ村

    *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
    〇40代からの人生再発見〜ことのはひらり セッションメニュー
    http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

    [読めない名前が示す意味とは?]

    0

      今日、とあるネットの記事で

      「これは読めない」と誰もが

      思ってしまう名前に関する記事を読みました。

       

      子供のころからほとんどの場面で

      名前が読めない読めないと

      言われ続けてきたことでしょう。

      読みやすければよいということではありませんが、
      説明を要する場面が多かったかと思われます。
      この名前は世代的にも特例ですが
      キラキラネームが流行ったこともあり、
      難読名前が多くなったことは確かです。
      キラキラネームではなくとも読みにくい名前や
      男女区別つきにくい名前というのはあります。
      いずれも「思い」をもってつけられた名前であるに
      関わらず、そうなってしまうケースはあります。
      では読みにくい名前の人が持つ役割といえばなんでしょう?
      それは、説明する必要があるということ。
      人に説明するということは、それだけ相手に印象付ける
      チャンスでもあります。
      名前と向き合う時間も多いことでしょう。
      名前が読みにくい〜嫌いとなってしまったというケースも
      セッション経験の中にはありますので、
      その際にもお伝えしていることです。
      嫌いと決めつけてしまうよりも
      名前から自分を印象づけてもらえるチャンスがある。
      と、転換することもできるのですよ。
      難読の名前だからといってコンプレックスのもとに
      ならなければいいなと、そう願う私です。

      JUGEMテーマ:幸福に生きる

      JUGEMテーマ:〃言霊〃

      JUGEMテーマ:生き方

      この記事を面白いと思ってくださった方へ

      ポチお願いします。励みになります!

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
      にほんブログ村

      *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
      〇40代からの人生再発見〜ことのはひらり セッションメニュー
      http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

      [天照大御神さまと、ひめカード]

      0

        1月12日に開催したイベント

        「ひめカードお話会&あなたの護りひめカードセッション」

        第二回目、2月2日開催です。

         

        今回メインで取り上げるのは「天照大御神さま」です。

        神宮の祭神であり、言わずと知れた最高神。

         

        その主な役割は?その存在が現代に生きる

        私たちに教えてくれることは?

        お茶しながら、気を張らずにお話しましょう。

         

        そして「ひめカード」

        「ひめカードセッション」は10柱のひめ神様のカードから

        あなたに必要な<メッセージをひめさまの役割から

        受け取りましょうというセッションです。

        (祈り、華やかさ、地道、芸術など、カードによってそれぞれの意味合いが違います)

         

        10柱のひめ神様は「一人の女性の中の10の特徴と資質」の

        象徴として日本神話から抜粋した神様たちです。

        *学術的やカタカムナ、ホツマツタヱ的観点ではありません。

        いわばおばあちゃんの知恵的な日本神話のお話です。

         

        今月、もしくは「いま自分が持っている悩みやテーマ」への

        メッセージや言葉をひめ神様から受け取ってみましょう。

        ひめ神様のストーリーをあなたの人生ストーリーと<リンクさせて、

        いま必要なことがらを知る・考えるヒントとするためのセッションです。

         

        カードから受け取るメッセージはその時あなたが抱えているテーマを

        解決するヒントになるかもしれません。具体的なテーマを決めて

        (誓約(うけい))して引くことで、より意味合いが深まります。

         

        *プラスアルファでそのカードが意味する「ことだま」の知恵もお話します

        *またカードのデザインが可愛くて見るだけで

        癒されるとのお声もいただいております。

         

        場所:大阪市北区、北新地ホテルエルセラーン カフェ銀木犀

        日時:2月2日(土) 午後13時から15時まで

        定員:5名

        参加費:3000円/1名(カフェ代は各自でご負担ください)


        お申込みお問い合わせはメールでどうぞ kantei@kotonoha-hirari.net

        予告として

        3月は日程が3月5日(火)午後13時から15時を予定しています。

        お時間がない方はセッションが終わられたら退席されてもかまいませんが、

        参加費が変わるわけではありません。ゆる〜く開催するイベントです。

        日本神話の知恵を知り、可愛いカードに癒されるイベント

        ご参加お待ちしております。

        JUGEMテーマ:〃言霊〃

        JUGEMテーマ:日々のくらし

        JUGEMテーマ:幸福に生きる

        この記事を面白いと思ってくださった方へ

        ポチお願いします。励みになります!

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
        にほんブログ村

        *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
        〇40代からの人生再発見〜ことのはひらり セッションメニュー
        http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

        [守ってくれた場所〜過去から未来へ]

        0

          明日で阪神淡路大震災から24年目

          今年成人式を迎えられた方には

          未知の出来事ですね。

           

          私は被災者というほどではありませんので

          家族を失った とか

          家が壊れてしまった とか

          具体的に何かがあったわけではありません。

           

          ただ、あの日の朝「何事が起ったのか」と

          テレビをつけても局内が混乱している様子が映るばかり。

          さらには高速道路の倒壊という想像をはるかに超えた

          事実があり、それからの数カ月は連絡が取りずらかった

          友人のことや、かつて暮らした街のこと(神戸の大学に通っていました)

          自分たちの家のこと、仕事のこと、実家のこと

          大阪でも毎日微妙な揺れが続き怖かったこと。

           

          あれやこれやで不安だらけだったことを思い出します。

           

          先日、昨年修理が終わった御影公会堂に行きました。

          この建物が好きで、地下の食堂でお昼を食べることも

          目的として。。

           

          ここは、戦時中も大震災の時も避難所となっていたんですよね。

          当時「この建物に何度も守られて救われた」と語っていた

          方がおられました。

           

          歴史を語る建物、過去も現在も未来も。

          変わらずそこにあって、人を包み、文化を育てる。

          建物も生きてるんですよね。

           

          地震はいつくるかわからない、その時どうする?

          どうやって身を守る?どうやって大事な人たちと連絡をとりあう?

          昨年北大阪を中心とした大型地震がありました。

          その後の台風も。

          予測しうる災害と予測できない災害と。

          自然現象の脅威、何を準備しても何か足りないかもしれませんが

          できるかぎりのことはしておきたいですね。

           

          震災の日間近に行ったこともあって、

          非常に感慨深い訪問になりました。

          願わくば「文化が継承される美しい建物」として

          後世まで残っていきますように。

           

          御影公会堂ホームページ」

          (授乳室もあります、利用者に優しい施設ですね)

          https://mikage-kokaido.jp/

           

           

          JUGEMテーマ:日本の文化

          JUGEMテーマ:日々のくらし

          JUGEMテーマ:生き方

          この記事を面白いと思ってくださった方へ

          ポチお願いします。励みになります!

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
          にほんブログ村

          *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
          〇40代からの人生再発見〜ことのはひらり セッションメニュー
          http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

           

           

           


          [女正月、小正月、骨正月]

          0

            1月15日、関西では今日までが松の内

            年末年始いろいろ忙しかった女性をねぎらう

            女正月と呼ばれる日です。

             

            今日はひと休み、疲れをとりましょうということ。

            (あれ?一日だけ?って言いたくなりますが、そこは風習ということで)

             

            ずっと台所に立ちお料理を用意してきたのは女性に代わり

            その前日は男性が晩御飯の用意をする。

            そして15日は一日自由に好きなことをしましょうと。

             

            仕事を持つ主婦も多くいらっしゃいますし、

            今日が特別な日と言われてもピンとこない感じですが。

             

            このブログをお読みいただいている男性方

            ねぎらいは日ごろいつでもいいんですよ〜。

             

            今日は骨正月とも呼ばれ、残り物の鯛のあらを炊く

            という風習を持つ地域もあるそうです。

            また、一般には災いを祓う力を持つと言われてきた

            小豆を入れた小豆粥を食べる地域も。

             

            え?なにも間に合わない?

            それなら鯛と小豆でたい焼きなどを

            お土産に買って帰りますか?

             

            意味合いはずいぶん違いますが。

            温かくて甘くておいしいたい焼きを

            熱いお茶をいれてほっこりと。

             

            そんな女正月もあってもいいかな?

            いかがでしょう。

             

             

            JUGEMテーマ:〃言霊〃

            JUGEMテーマ:日々のくらし

            JUGEMテーマ:日本の文化

            JUGEMテーマ:幸福に生きる

             

             

            この記事を面白いと思ってくださった方へ

            ポチお願いします。励みになります!

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
            にほんブログ村

            *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
            〇40代からの人生再発見〜ことのはひらり セッションメニュー
            http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

             


            | 1/711PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << January 2019 >>

            profile

            Facebookページ

            鑑定/講座のご依頼、お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

            ブログランキング参加中♪

            selected entries

            categories

                    

            Archives

                    

            recent comment

            recent trackback

            links

            名前のことだま(R)命名言霊学協会HP

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM