[10月によく読まれた記事は?]

0

    2019年10月に多くご訪問いただいた記事を

    3つピックアップします。

     

    [自分の弱さを認めること」

    http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1164400

    あなたは自分を強いと思いますか?それとも弱い?

    それは表裏一体なんですよね。

     

     

    [で、あなたは何と呼ばれたいですか?]

    http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1164402

    夫婦の正式な呼び方は「夫と妻」

    では、あなたはパートナーから何と呼ばれていますか?呼ばれたいですか?

     

     

    [そもそも『名前のことだま(R)鑑定』のことがわからないので]

    http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1164394

    イベントの告知とともに、改めてご紹介しました。

    新しく出会ってくださる方メインに、そうでない方にも。

     

     

    10月はイベントもありましたし、『名前のことだま(R)鑑定』について

    もっと知っていただければと思ったのですが、結果一番アクセスが多い記事になりました。

    それはとてもうれしいことです。

     

    今月はどんな記事に多くご訪問いただけるでしょう

    楽しみです!

     

    11月10日にはこんなイベントもありますので(私はお手伝い)

    ご参加いただければ!ことだまのこと、生き方のこと、出会いのこと

    間違いなく有意義なイベントになるはずですよ。

    「ひすいこたろう×山下弘司コラボ講演会」

    新元号とあなたの名前を予祝する!一粒万倍望む未来を手に入れるあの話

     

    https://www.kokuchpro.com/event/reiwayosyuku/

     

    学割もありますので、親子でいかがですか?

     

     

    JUGEMテーマ:〃言霊〃

    JUGEMテーマ:幸福に生きる

    JUGEMテーマ:生き方

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

     

    この記事を面白いと思ってくださった方へ

    ポチお願いします。励みになります!

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
    にほんブログ村 


    [「あ」で始まり「え」で広がる]

    0

      昨日終わったイベントについて

      名前のことだま(R)の観点からみると

      面白いことがあると気づきました。

       

      そもそもイベントの発案者は

      村田あやこさん

       

      ひらめき、アイデアの「あ」の人です。

       

      それを受けて構成し、広げてくださったのが

      安井恵美さん

       

      発展と拡大の「え」の人。

       

      一番最初のお客様が

      継続の「や」の人。

       

      今回は打ち上げ時に、すでに次回の展望が語られ

      それに向けた動きが始まっています。

       

      それには

      「それでいいんだよ」と認める「ま」の人と

      「結び」の「ゆ」の人がさらに深くかかわってくださるとか。

       

      わくらくの「わ」は調和のことだま

      個性豊かな女性起業家が集まり、互いの個性を認め合いながら調和する。

       

      「ことだま」でひも解くイベント話。

      いかがでしょう?

      一人一人が役割を持った一人の人。

      役割と個性が生きるイベントを継続したいものです。

       

      写真は打ち上げ会場「堀江ブラッシュ」さん」にて

      おまかせの前菜セット。

      お料理もサービスもよいお店でした。

      また次回もここかな?

       

       

      JUGEMテーマ:生き方

      JUGEMテーマ:幸福に生きる

      JUGEMテーマ:日々のくらし

      JUGEMテーマ:ビジネス

      JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

      JUGEMテーマ:日本の文化

       

      この記事を面白いと思ってくださった方へ

      ポチお願いします。励みになります!

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
      にほんブログ村 


      [そもそも『名前のことだま(R)鑑定』のことがわからないので]

      0

        イベント案内を読んでも「名前のことだま(R)」について

        よくわからない、名前占いとどう違うの?

        ことだまって怪しくないの?

        怖いこと言われるなら嫌です。

        改名のすすめをごり押しされるのでは?

         

        と、このようなことを過去に直接問われたことがあります。

        そんな失礼な!って思って下さる方もいらっしゃるでしょう。

        でも、実際にあるのですよ。

         

        そこで私のホームページでは『名前のことだま(R)Q&A』の

        ページを作っています。

         

        今日はそのご案内をいたしますので、お読みください。

         

        ・ことだまとは?

        ・『名前のことだま(R)』の概要

        ・改名のすすめではないこと

         

        など、よくある質問と答をまとめています。

        https://kotonoha-hirari.net/namaenokotodamaQA.html

         

        なお、2019/10月25日(金)のイベントについては

        女性起業家ネットワーク「わくらく」初の会員主催イベント

        「癒しフェア」

        wakrak produce「Healing Festa 2019」

         

        日時:10月25日(金曜日)10時〜17時

        (10時からはご予約済みですので、10時半以降の指定でお願いします)

        場所:わくらく(北堀江オフィス内)

        大阪市西区北堀江1丁目22-25 プレジール北堀江501

        (大阪メトロ西大橋駅4番出口徒歩2分)

         

        この記事からどうぞ。

        http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1164392

         

         

        JUGEMテーマ:イベント情報

        JUGEMテーマ:日々のくらし

        JUGEMテーマ:〃言霊〃

        JUGEMテーマ:生き方

        JUGEMテーマ:日本の文化

        JUGEMテーマ:幸福に生きる

         

         

        この記事を面白いと思ってくださった方へ

        ポチお願いします。励みになります!

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
        にほんブログ村


        [甲子園にも新しい名前の波が!]

        0

          2019夏の甲子園、今日が決勝戦でした。

           

          この暑い時期に屋外で野球をやらせることはどうかという

          意見もあったりしますが、それはまずここでは論議せずということで。

           

          単なる野球ファンとしては、甲子園は楽しみのひとつです。

           

          高校野球もエースで4番がひとりで投げ切るスタイルよりは

          フレキシブルに変わってきました。

          個人の体力やベストパフォーマンスを考えれば、それも良い傾向かなと

          個人的には感じています。

           

          ま、ただの野球好きですから。

           

          さて、甲子園出場選手の名前にも変化ありということで

          以下の名前(産経新聞より)

           

          「三亜土」

          「愛瑠斗」

          「飛祐豪」

           

          さて、これは何と読むでしょう。

           

          わかりますか?

           

           

           

          読めますか?

           

           

           

          どうでしょう?

           

           

           

          じれったいですか?

           

           

          ですよね。

          上から

          「さあど」「あると」「ひゅうごう」

           

          「さあど」君はご家族も野球好きなのでしょうね。

          それがとてもよくわかります。

           

          むかしでも阪神タイガースの藤川球児選手など

          球児ってまさに!ですよね。

           

          あと、松坂大輔選手の大輔は荒木大輔選手の活躍を見て

          お父さんが息子ができたらこの名前と決めていたそうです。

          名前にたがわず甲子園の星となりました。

           

          どの世界にも新しい名前の傾向は出てきました。

          漢字の意味というよりも、音の響きですね。

          むかしは日本人も音の響きで名前を選ぶ時代がありましたが

          東洋西洋の画数や漢字が入ってきたころから、そちらにシフトしていきました。

           

          いまは音の時代かもしれません。

          少し意味合いは異なりますが、名前の変遷として考えれば

          そういう時代にいるわけですね。

          甲子園にも新しい名前の時代がきているということでしょう。

          JUGEMテーマ:〃言霊〃

          JUGEMテーマ:幸福に生きる

          JUGEMテーマ:生き方

          この記事を面白いと思ってくださった方へ

          ポチお願いします。励みになります!

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
          にほんブログ村


          [おばあちゃんの名前は隠されていた?]

          0

            「ぬ」の音の記事の時、私の祖母が二つの名前を持っていたということを

            ちらっと書きました。

             

            http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1164290

             

            今日はそのことについて続編を。

             

            実は私は子供の頃祖母の名前を呼び名が実名だと思っていました。

            というのも、祖父が祖母を呼ぶときや、祖母自身が手紙を書くときは

            その名前を使っていたからです。

             

            しかし、ある日それが実名ではないということを知りました。

            祖母は若い頃はお商売もしていましたが、当然ながらその当時は

            ビジネスネームだのハンドルネームだのはありません。

             

            と、このお話をすると「実はうちも」とお話してくださる方が

            チラホラいらっしゃいます。

             

            祖父母もすでに亡くなりましたし、それ以前のことはわかりません。

            そして現代ではそんなお話は聞きません。

             

            実名と呼び名があるからと言って、それで不自由することも無く

            また公的書類は実名で届き(表札はもちろんそちら)、

            知人からの手紙は呼び名でも届く。

            よく考えてみればおかしなことですが、それが不自然でも無かったのです。

             

            かつて、女性の名前は隠されていたという歴史的なお話があります。

            例えば実名を知っているのは夫と両親だけとか。

            一家の核となるのは実は女性で(おかみさん=お守さん、女将さん)

            その実名を知られると、その家を牛耳られるなんて説もあったそうです。

             

            武士でも「お前に名乗る名は無い」なんて戦国もののセリフなどでも聞かれますね。
            あれは実名前を告げる=家臣となるという意味も含んでいたからだとか。(諸説ありますが)

             

            命名する=名付ける 名前は命 それほど大事なものであると考えられてきました。
            特に女性の名前はとても大事。
            だからあえて隠してきたのだと。

             

            いまではいろんな考えが入ってきましたし、二つの名前が通用するなんて
            ビジネスネームくらいのものではないでしょうか。

             

            「名前」というものが持つ価値やその意味を考えてみるに
            興味深いことではありませんか?

             

            あなたのご先祖様はいかがでしょうか?
            もしかしたら実名と呼び名があり、私の祖母のようにあたりまえに
            使われていたご家庭もあるかもしれませんね。

             

            明日のブログでは「女将さん」という呼び名も関係する
            「か」のことだまの記事をお届けします。

             

            公園のヒマワリ
            最も遅い梅雨入り宣言がありましたが、気温が低い梅雨寒の地域もあるようです。
            ヒマワリは咲き始めましたが、入道雲と青空と照り付ける太陽とヒマワリ
            そんな光景まではあと少しかな。
            (梅雨明け宣言は7月末ごろでしょうと予測発表がありました)

            JUGEMテーマ:〃言霊〃

            JUGEMテーマ:日々のくらし

            JUGEMテーマ:幸福に生きる

            JUGEMテーマ:生き方

            この記事を面白いと思ってくださった方へ

            ポチお願いします。励みになります!

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
            にほんブログ村


            [そもそも「ことだま」って、何?]

            0

              「ことだま教室」

              「名前のことだま(R)入門講座」

               

              などで最初にお話するのは

              「ことだま」とは?のお話から。

               

              講座に参加される方は、ほとんどが「ことだま」という言葉の

              意味はご存じなのですが、例えば交流会などで初対面の方に

              「ことだま」って何ですか?

              「ことだま」って怖い気がします

              「ことだま」聞いたことはありますが

              と、お尋ねいただくこともあります。

               

              私にとっては当たり前でも、相手にとっては当たり前ではない。

              そんなことはたくさんありますよね。

              私もきっとそうでしょう。

              だから、そこからお話するようにしています。

               

              では「ことだま」とは?

              ひと言で言ってしまうなら「言葉に宿る力」です。

              日本人の古来からの考え方で、万葉集にも記述はあります。

              「ことだまの幸わう(さきわう)」くに」として。

               

              怖いと感じる方は「言葉の力」への脅威を感じておられるのでしょうか?

              しかし、とても身近なことを例に挙げれば

              「おはようございます」「ありがとうございます」

              にこやかにそう声を掛けられて嫌な気持ちにはならないですよね。

              「ことだま」はそんな言葉のひとつひとつにこめられた力です。

               

              ではなぜ怖いと感じるのかというと、言葉にコントロールされる気がする

              というところが本音であろうと思われます。

              一般に忌み言葉と呼ばれるものがあって、例えば受験生に「おちる、すべる」

              結婚式で「切れる」と言わないという鉄則がありますよね。

              それも相手への優しい配慮、良い方向に向かいますようにという

              優しい願いが根底にある配慮です。

               

              あなたが日常に交わす言葉の中に「ことだま」はいます。

               

              基本、そこから知っていただくことが大切と考えています。

              「ことだま」が怖いと感じていた方にこの記事が伝わることを願って。

               

              「名前のことだま(R)」についてのQ&Aはこちらをおよみください。

              https://kotonoha-hirari.net/namaenokotodamaQA.html

               

               

              JUGEMテーマ:〃言霊〃

              JUGEMテーマ:日々のくらし

              JUGEMテーマ:生き方

              JUGEMテーマ:日本の文化

              JUGEMテーマ:幸福に生きる

               

              この記事を面白いと思ってくださった方へ

              ポチお願いします。励みになります!

              にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
              にほんブログ村



              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << December 2019 >>

              Facebookページ

              ことのはひらりHP

              ブログランキング参加中♪

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              • [名前のことだま(R)一音鑑定シリーズ〜「そ」の音]
                丸田みどり
              • [名前のことだま(R)一音鑑定シリーズ〜「そ」の音]
                ゆずりは
              • [志ある友人との時間]
                まるたみどり
              • [志ある友人との時間]
                Asami
              • [「ふるつく」になる?]
                ことのはひらり
              • [「ふるつく」になる?]
                モノノフ
              • [今日は(今日も)パワフルなエネルギー満ちる日]
                まるたみどり
              • [今日は(今日も)パワフルなエネルギー満ちる日]
                ノブ横地
              • [私が望むアヴァンダンスを受け取る日]
                asami
              • [表現の言葉はどこまでも美しく〜つばさは永遠に]
                まるたみどり

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM