[おばあちゃんの名前は隠されていた?]

0

    「ぬ」の音の記事の時、私の祖母が二つの名前を持っていたということを

    ちらっと書きました。

     

    http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1164290

     

    今日はそのことについて続編を。

     

    実は私は子供の頃祖母の名前を呼び名が実名だと思っていました。

    というのも、祖父が祖母を呼ぶときや、祖母自身が手紙を書くときは

    その名前を使っていたからです。

     

    しかし、ある日それが実名ではないということを知りました。

    祖母は若い頃はお商売もしていましたが、当然ながらその当時は

    ビジネスネームだのハンドルネームだのはありません。

     

    と、このお話をすると「実はうちも」とお話してくださる方が

    チラホラいらっしゃいます。

     

    祖父母もすでに亡くなりましたし、それ以前のことはわかりません。

    そして現代ではそんなお話は聞きません。

     

    実名と呼び名があるからと言って、それで不自由することも無く

    また公的書類は実名で届き(表札はもちろんそちら)、

    知人からの手紙は呼び名でも届く。

    よく考えてみればおかしなことですが、それが不自然でも無かったのです。

     

    かつて、女性の名前は隠されていたという歴史的なお話があります。

    例えば実名を知っているのは夫と両親だけとか。

    一家の核となるのは実は女性で(おかみさん=お守さん、女将さん)

    その実名を知られると、その家を牛耳られるなんて説もあったそうです。

     

    武士でも「お前に名乗る名は無い」なんて戦国もののセリフなどでも聞かれますね。
    あれは実名前を告げる=家臣となるという意味も含んでいたからだとか。(諸説ありますが)

     

    命名する=名付ける 名前は命 それほど大事なものであると考えられてきました。
    特に女性の名前はとても大事。
    だからあえて隠してきたのだと。

     

    いまではいろんな考えが入ってきましたし、二つの名前が通用するなんて
    ビジネスネームくらいのものではないでしょうか。

     

    「名前」というものが持つ価値やその意味を考えてみるに
    興味深いことではありませんか?

     

    あなたのご先祖様はいかがでしょうか?
    もしかしたら実名と呼び名があり、私の祖母のようにあたりまえに
    使われていたご家庭もあるかもしれませんね。

     

    明日のブログでは「女将さん」という呼び名も関係する
    「か」のことだまの記事をお届けします。

     

    公園のヒマワリ
    最も遅い梅雨入り宣言がありましたが、気温が低い梅雨寒の地域もあるようです。
    ヒマワリは咲き始めましたが、入道雲と青空と照り付ける太陽とヒマワリ
    そんな光景まではあと少しかな。
    (梅雨明け宣言は7月末ごろでしょうと予測発表がありました)

    JUGEMテーマ:〃言霊〃

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:幸福に生きる

    JUGEMテーマ:生き方

    この記事を面白いと思ってくださった方へ

    ポチお願いします。励みになります!

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
    にほんブログ村


    [そもそも「ことだま」って、何?]

    0

      「ことだま教室」

      「名前のことだま(R)入門講座」

       

      などで最初にお話するのは

      「ことだま」とは?のお話から。

       

      講座に参加される方は、ほとんどが「ことだま」という言葉の

      意味はご存じなのですが、例えば交流会などで初対面の方に

      「ことだま」って何ですか?

      「ことだま」って怖い気がします

      「ことだま」聞いたことはありますが

      と、お尋ねいただくこともあります。

       

      私にとっては当たり前でも、相手にとっては当たり前ではない。

      そんなことはたくさんありますよね。

      私もきっとそうでしょう。

      だから、そこからお話するようにしています。

       

      では「ことだま」とは?

      ひと言で言ってしまうなら「言葉に宿る力」です。

      日本人の古来からの考え方で、万葉集にも記述はあります。

      「ことだまの幸わう(さきわう)」くに」として。

       

      怖いと感じる方は「言葉の力」への脅威を感じておられるのでしょうか?

      しかし、とても身近なことを例に挙げれば

      「おはようございます」「ありがとうございます」

      にこやかにそう声を掛けられて嫌な気持ちにはならないですよね。

      「ことだま」はそんな言葉のひとつひとつにこめられた力です。

       

      ではなぜ怖いと感じるのかというと、言葉にコントロールされる気がする

      というところが本音であろうと思われます。

      一般に忌み言葉と呼ばれるものがあって、例えば受験生に「おちる、すべる」

      結婚式で「切れる」と言わないという鉄則がありますよね。

      それも相手への優しい配慮、良い方向に向かいますようにという

      優しい願いが根底にある配慮です。

       

      あなたが日常に交わす言葉の中に「ことだま」はいます。

       

      基本、そこから知っていただくことが大切と考えています。

      「ことだま」が怖いと感じていた方にこの記事が伝わることを願って。

       

      「名前のことだま(R)」についてのQ&Aはこちらをおよみください。

      https://kotonoha-hirari.net/namaenokotodamaQA.html

       

       

      JUGEMテーマ:〃言霊〃

      JUGEMテーマ:日々のくらし

      JUGEMテーマ:生き方

      JUGEMテーマ:日本の文化

      JUGEMテーマ:幸福に生きる

       

      この記事を面白いと思ってくださった方へ

      ポチお願いします。励みになります!

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
      にほんブログ村


      [「ママ」と呼ばれたくないと、望まれたら?]

      0

        朝の情報番組の中で「奥さんを何と呼んでいますすか?」と尋ねられたキャスターが

        「名前ですよ、子供が生まれたらママと呼ぶのはやめてね!と言われたので」

        彼は律義にそれを守って名前で呼んでいるそうです。

        「でも、僕のことはパパって呼ぶんですよね〜」ってオチも。

         

        以前ポーラ化粧品調べで「ファーストネームで呼ばれたら愛情ホルモンの

        濃度が増加するという記事がありました。

         

        こちらはその動画

         

         

        記事はこちら

        https://www.advertimes.com/20141021/article173172/

         

        パートナーを名前で呼ぶ、今更照れ臭いという男性もいると思いますが、

        あと二日で母の日、この機に変えてみるとか。

        パートナーはあなたの「母」ではないですからね。

         

         

        JUGEMテーマ:生き方

        JUGEMテーマ:日々のくらし

        JUGEMテーマ:幸福に生きる

        JUGEMテーマ:〃言霊〃

         

        この記事を面白いと思ってくださった方へ

        ポチお願いします。励みになります!

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
        にほんブログ村

         

         


        [名前のことだまで紐解く「あ」「ま」「ち」]

        0

          昨日プロフィール写真を撮影下ことは記しましたが、今日はそのプロたちをことだまでご紹介しましょう。

          名前のひと文字だけですが、ことだまで紐解いてみます。

           

          *カメラマン 五十嵐 明貴子さん

          https://ameblo.jp/at--home/
           

          「あきこ」の「あ」

          50音最初の音「アイデアで人を幸せにする人、アイデアが降ってくる湧いてくる、とにかく豊かな企画人」

          何か素敵なアイデアが浮かんだ時「あっ!」って言いますよね?その「あっ!」のパワーで人を応援する人なのです。

           

           

           

          *メイク 丸本 真由美さん

          https://ailes1204.jp/

           

          「まゆみ」の「ま」

          「あなたって素敵」と認めてあげる人。素敵なあなたをもっと美しくしてくれる人。

          「真・善・美」まず相手を認めることから始める、だから人が心を開きやすい、そんな役割を持つ人。

           

           

          *当日のコーディネートを担当してくれた 八尾 ちなみさん(さん付けするのくすぐったい)

          https://ameblo.jp/botamochi-88

           

          「ちなみ」の「ち」

          「地、血、乳」エネルギー、生命力の源。生きる力をくれる人。

          この人といると、否が応でも元気になる(させられる?)その場に活気を持ち込む人です。

           

           

          そんな3人が醸し出す雰囲気とwe workという場所の持つエネルギーがコラボした一日。

          誰にとっても素晴らしい撮影会にならないわけがない。

           

          写真の仕上がりが楽しみです。

          きっとみなさんも!

           

          え?私も撮ってほしい?

          それは各自でお問い合わせくださいませ。

          きっとまた企画されるはず、はず?だから。

          乞うご期待

           

          JUGEMテーマ:生き方

          JUGEMテーマ:幸福に生きる

          JUGEMテーマ:ビジネス

           

           

           

          この記事を面白いと思ってくださった方へ

          ポチお願いします。励みになります!

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
          にほんブログ村

          *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
          http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

          [名前を付けることの意味とは?]

          0

             

            「ひよっこ」パート2が今日から始まりまして。

            今週だけの特別編ですが、本編が好きだったので楽しみにしていました。

             

            見ていない方にはネタバレになる(?)ので1シーンだけでも知りたくない人はここから先はストップでお願いします。

             

            お話したいのは名前のこと

            柴田理恵さんふんする、きよさんの息子の名前、長男が太郎で、次が三郎なのです。

            今日その理由が初めて明かされました。

            次男にあたる男の子は生まれてすぐに亡くなっていたのです。

            でも夫婦は名前を付けてあげようと。

            だからその子が次郎なんですよね。

             

            実は私の母にも生まれてすぐに亡くなった兄がいるそうです。

            家系図を調べることがあったのですが、そこにひっそりと名前が記されていました。

             

            一日の命でしたが、祖父母は名前をつけたのです。

            だからお仏壇に手を合わせるとき、私たちはその名前を忘れないようにしています。

            母にしても会うことが無かった兄の存在。

             

            名前があることで、そこに命があったことの証しになる。

            それはとても温かなことだと思います。

             

            「ひよっこ2」でも同じようにそのことが語られていて、「家族」というものについて

            改めて思い起こすきっかけになった人もおられるのでは?

             

            名前を付ける、命名する。

            私個人の思いではありますが、そこにその人がいたことを残してあげることは

            家族にとっても意味深いのかもしれないと思いました。

             

            写真は木の幹から育ってきた桜

            今年は昨年より少し開花が遅いようですが

            小さいなりにここにあり!と主張しているように見えたので撮影しました。

             

            JUGEMテーマ:〃言霊〃

            JUGEMテーマ:幸福に生きる

            JUGEMテーマ:生き方

             

             

            この記事を面白いと思ってくださった方へ

            ポチお願いします。励みになります!

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
            にほんブログ村

            *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
            http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

            目標を設定されること〜ステップアップとの関係]

            0

              目標は設定するものであって

              人から設定されるものではない。

               

              だから「期限付きで目標を設定される」なんて

              問題外でしょうか?

               

              しかし、それが未来を見据えてものもだとしたら?

              そして信頼からくるものだとしたら。

               

              安達流の安達とう子さんは現在の二代目とう子さんが

              大学を卒業した時こんな課題を出したそうです。

              (二代目の方は小学生の時に安達家に養女として入られています)

               

              ・平成17年(3年後)に花芸安達流の副主宰となること

              ・全国の支部を花芸フォーラム“育とともに”で全国行脚すること

              ・会得した安達の花を著書として出版すること

               

              普通に考えて無理ではないかというこれらのことを

              懸命に取り組み達成されたそうです。

               

              もし与えられた目標であったとしても

              信頼からくるものであれば、達成したことで

              もっと上は自分で決めることができる。

              そう考えておられたのかもしれませんね。

               

              「と」の音が名前に入る人の役割として

              「結論を下す、結果を出す、区切りをつけてステップアップ」があります。

              初代も二代目も「と」の人。

              ひと段落ついたらその次へと。

              自ら結果を出すことで、誰かの目標にもなりうる。

              進んでいく人の強さも感じるエピソードでした。

               

              JUGEMテーマ:〃言霊〃

              JUGEMテーマ:日本の文化

              JUGEMテーマ:幸福に生きる

              JUGEMテーマ:生き方

               

               

              この記事を面白いと思ってくださった方へ

              ポチお願いします。励みになります!

              にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
              にほんブログ村

              *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
              http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

               

               



              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              25262728293031
              << August 2019 >>

              Facebookページ

              ことのはひらりHP

              ブログランキング参加中♪

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              • [名前のことだま(R)一音鑑定シリーズ〜「そ」の音]
                ゆずりは
              • [志ある友人との時間]
                まるたみどり
              • [志ある友人との時間]
                Asami
              • [「ふるつく」になる?]
                ことのはひらり
              • [「ふるつく」になる?]
                モノノフ
              • [今日は(今日も)パワフルなエネルギー満ちる日]
                まるたみどり
              • [今日は(今日も)パワフルなエネルギー満ちる日]
                ノブ横地
              • [私が望むアヴァンダンスを受け取る日]
                asami
              • [表現の言葉はどこまでも美しく〜つばさは永遠に]
                まるたみどり
              • [表現の言葉はどこまでも美しく〜つばさは永遠に]
                藤岡扶美

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM