[介護とおせち〜お祝いの席を一緒に]

0

    介護についての記事はもうアップしていなかったのですが

    こういう情報はシェアしていきたいので。。

     

    昨日テレビで「ムース食おせち」が

    紹介されていました。

     

    私たちも父の介護中はスープにしたり

    潰して固めたり、できるだけ食べやすくと

    工夫はしましたが、日常食でも家庭だけで

    まかなうのはとても無理、ましてやおせちまでは

    とても手がまわりませんでした。

     

    見た目も美しく、嚥下食としてもすぐれていて

    しかもおいしいを叶えるのは素人には

    とても難しいものです。

     

    しかしお祝いの席ほど、できれば一緒に食べたいもの。

    その時こういったおせちがあればな〜と思ったものです。

     

    歯の生えそろわない赤ちゃんがいる家にもいいですね。

     

    全国配送できるようなので、遠距離の場合も

    送ってあげることができますね。

     

    (高島屋限定販売ですが、近くに高島屋が無い場合でも

    配送で購入できます)

     

    詳しくは下記リンクからどうぞ(アフィリエイトはしておりませんので

    ご紹介のみです、安心してクリックしてください)

    https://www.takashimaya.co.jp/shopping/special/osechi/limited/A16698/

     

     

    写真は日本気アミールさんのホームページからお借りしました。

    必要な方に届きますように。

     

    JUGEMテーマ:生き方

    JUGEMテーマ:介護

    JUGEMテーマ:介護で試行錯誤

     


    [生きるための生前整理]

    0

      ◎一人っ子夫婦の遠距離介護

      このカテゴリーで投稿するのは久しぶりです。

       

      今日は「生前整理」についてのショート講座を

      聞きに行ってきました。

       

      講師によるレポート記事

      https://ameblo.jp/botamochi-88/entry-12361816206.html

       

      「生前整理」というとネガティブに感じる方も

      いるかもしれません。

      ただ、こちらは「生き方に向き合う」整理のことだなと

      参加してみて気持ちをあらたにいたしました。

       

      「遺品整理」の大変さは実体験で知っています。

      ただそれは「生きるため」ではありません。

       

      「家族は家族の」「私は私の」いざという時はやってきます。

      その時慌てふためいた経験があるからこそ

      いまのうちにやっておけることはありますね。

      「介護」というには、緩やかな状態であるいまだからこそ

      参加して聞いてみて良かったと思うことがたくさんありました。

       

      また、大事なことですが

      整理によって「私」はどう生きたいのか。

      知ることができるなと。

       

      モノの整理は心の整理。

      手放せない「こだわり」とは?

      それはまだ必要なもの?

      私が手放せないもの、その理由は?

      勿体ないというだけではなく…

      その想いは執着か?そうではないのか。

       

      いま手放せないもののことを考えつつ、

      根源の想いを掘り下げる機会にもなりました。

       

      「生前整理」もし興味があるなら、

      一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

      レポートブログを再度記述しますね。

      https://ameblo.jp/botamochi-88/entry-12361816206.html

       

      JUGEMテーマ:生き方

      JUGEMテーマ:幸福に生きる

      JUGEMテーマ:日々のくらし

      JUGEMテーマ:生前整理

       

      よろしければポチお願いします。
      励みになります!

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
      にほんブログ村

      *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら(講座のことなども)
      ○期間限定の「運気の流れ鑑定」について
      http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1163753
      〇40代からの人生をリセットするなら〜ことのはひらり 鑑定メニュー

      [遠距離介護セミナーin大阪は現在参加者募集中]

      0
        「何故お母さんは私の言うことを聞いてくれないの?」
        「良かれと思うことも伝え方が難しい」

        親子のコミュニケーション、介護を必要とする年代には
        かなり切迫した問題でもあります。

        人と人のコミュニケーションは身近なほどに困難だったり。。

        そんなご家族のためのセミナーがあるそうです。
        私は生憎この日用事があるのですが、遠距離介護におけるコミュニケーションに
        悩む方のためにご紹介いたします。

        主催はNPO法人パオッコ
        離れて暮らす親のケアを考える会

        日時は11月20日 会場は梅田です。

        詳細はこちら↓をクリックしてご覧ください。
        「気持ちよく親と向き合う方法を伝授」

        参加される方にとって有意義なイベントでありますように。

        JUGEMテーマ:イベント情報

        JUGEMテーマ:介護


        [介護するもの、されるもの 声を届ける手作りグッズ]

        0
          親世代との対話、加齢によって耳が遠くなり
          なかなか意思疎通ができない
          ついつい、大声になってしまう。
          ところが、耳元で大声を出される方も
          こちらが思う以上に恐怖感を感じていたりするのです。

          義父の介護時にお世話になった脳神経外科のドクターから
          おしえていただいたのですが、A4用紙を丸めて筒にしたり
          下記のようにラップの芯を使います。
           
          (真っ白のままも味気ないので、マスキングテープと筆文字で)



          こちらの口元と、相手の耳元にあてれば
          大声を出さなくても、声が分散しないので聴こえやすくなります。

          私たちの経験からのアイデアです。
          もう知っている方も多いかと思いますが
          介護施設職員の方でもご存知ないケースもありましたので、投稿いたしました。

          これがすべてではありませんし、聴こえていても聴きたくない時もあります。
          今日テレビで「対話は心のシンクロ」という言葉を知りました。
          お互いに心の状態を伝えあえれば幸いです。

          距離が近いのに大声を出してしまいがち…な時は、お試しくださいませ。
           
          JUGEMテーマ:幸福に生きる
          JUGEMテーマ:介護

          この記事が面白いと思ったらポチしてください。
          励みになります!
          にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
          にほんブログ村
          お知らせ
          〇Twitterでもことだまメッセージ発信中 フォロー大歓迎です!
          フォロー返しいたします。
          https://twitter.com/kotonoha_midori
          〇ことだま教室のご案内
          現在神戸新聞カルチャーでも「ことだま教室」開講しています。
          詳しくは下記Facebookページから
          https://www.facebook.com/kobe.kotodama
          〇名前のことだま(R)鑑定メニュー(2016年2月4日改訂しました。)
          http://kotonoha0401.jugem.jp/?day=20140916
           
          命名言霊学協会HP
          名前のことだま(R)命名言霊学協会HP

          [アタマのフィットネス、脳若トレーニング体験してきました!]

          0
            わくらく仲間で友人の平中尚子さんが
            取り組んでおられる「iPadを使ったアタマのフィットネス
            みつおか式脳若トレーニング」を体験してきました。

            認知機能向上のトレーニングですが、手軽でありながら
            しっかり脳を動かす時間。

            平中さんによると記憶や瞬間の判断力は50代から徐々に衰えるそうです。
            iPadを使うというところが、いまの時代を表していますし
            男性にもとっつきやすく、明るくトレーニングできますね。

            認知機能向上には、コミュニケーションも大切な要素。
            人と会い、話し、活発に脳を動かし心も動く。
            社会とかかわり合う場としても、このトレーニングはいいですね。

            平中さんは森ノ宮キューズモール(大阪)で
            【認知症予防トレーニングプレ講座】 を開講されています。
            スケジュールなどはホームページなどで確認してください。
            株式会社ハーティネスhttp://hnplan.jp/

            「こうしなければいけない」「これが正しい」ではなく
            「コミュニケーションしながら一緒に向上しましょう」という
            優しいスタンスがいいですね。

            iPadで無料ダウンロードできるゲームもあるということで
            私もダウンロードして、母と楽しんでみます。



            親世代も私たちの世代も、活発に生きるためには
            人とのふれあい、コミュニケーションが鍵となりますね。
            あなたもご家族と一緒に簡単なゲームから体験されてはいかがでしょうか?

            もちろん、ゲームしながら「話す」ということが大切ですよ。
             
            JUGEMテーマ:幸福に生きる


            この記事が面白いと思ったらポチしてください。
            励みになります!
            にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
            にほんブログ村
            お知らせ
            〇Twitterでもことだまメッセージ発信中 フォロー大歓迎です!
            フォロー返しいたします。
            https://twitter.com/kotonoha_midori
            〇ことだま教室のご案内
            現在神戸新聞カルチャーでも「ことだま教室」開講しています。
            詳しくは下記Facebookページから
            https://www.facebook.com/kobe.kotodama
            〇鑑定メニュー(2016年2月4日改訂しました。)
            http://kotonoha0401.jugem.jp/?day=20140916
             
            命名言霊学協会HP
            名前のことだま(R)命名言霊学協会HP

            [足湯でほっこり、お風呂に入れない時の寒さ対策]

            0
              *今日は「ことだま」のお話はお休みです。
              寒いですね、こう寒くなると高齢者にはお風呂は脅威になる場合も。
              そうです、ヒートショック。
              冷たい風呂場は危険です。

              実家ではお風呂に暖房を入れているので、ある程度は防げるのですが
              それでも急激な寒さの日は心配になります。

              そんな日や少し風邪気味の時は「足湯」で身体を温める提案をしています。
              午後の急激に冷え込んでくる時間帯や、お風呂に入れない日にも
              足湯はかなり効果的です。
              足首周辺には冷えのツボがありますので、そこを温めると身体全体が
              ポカポカしてくるのです。

              特に炭酸系のホットタブは温かさが長続きするようですね。
              しかし手作りする習慣があれば簡単に感じることでも、習慣が無ければ
              手間に感じてしまいますよね。
              もともと父が毎日足湯をしてもらっていたので、ホットタブは常備していました。
              この商品は使い勝手も良いですよ。



              昨日の日記にも「ゆ=お湯の癒し」のことを書きました。
              お風呂は間違いなく癒しの場ですが、避けた方が良い時もあります。
              遠距離で見守る立場としてもありがたいホットタブです。
              いつもの「ことだま」の記事とは離れた内容になりましたが
              私の経験としてご参考になれば幸いです。
               
              JUGEMテーマ:日々のくらし

              この記事が面白いと思ったらポチしてください。
              励みになります!
              にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
              にほんブログ村
              お知らせ
              〇ことだま教室のご案内
              現在神戸新聞カルチャーでも「ことだま教室」開講しています。
              詳しくは下記Facebookページから
               
              命名言霊学協会HP
              名前のことだま(R)命名言霊学協会HP

              | 1/5PAGES | >>

              calendar

              S M T W T F S
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << October 2018 >>

              profile

              Facebookページ

              鑑定/講座のご依頼、お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

              ブログランキング参加中♪

              selected entries

              categories

                      

              Archives

                      

              recent comment

              recent trackback

              links

              名前のことだま(R)命名言霊学協会HP

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM