「ペットとの相性鑑定」私の思い

0

    私がペットとの相性鑑定をオリジナルメニューにしたわけ・・
    今日はこれについてお話したいと思います。

    とっても長いので、覚悟して下さい(笑)

    物心ついたとき、すでに家にはピースという名前の犬がいました。
    これは祖父が「生きものと暮らすこととは、その生死も含めて
    体験することだ」を私に教えたいという思いがあってのことだと
    聞いています。
    ミックス犬で、とても賢く優しく私というよりは祖父にとって
    最高のパートナーであったのでしょう。
    亡くなったときは、厳格な祖父が泣いていたのを今でも覚えています。
    次にうちに来たのはコロ、ありがちな名前ですね。
    コロコロとまぁるいお尻の子犬だったので、私が名付けたんです。
    知人の家から、本当に生まれたてでやってきたので、まさに
    生まれてから死ぬまでを共にしました。
    一人っ子の私には兄弟みたいな存在といっても過言ではなかった
    かもしれません。
    ご近所のみんなからも可愛がられる、愛くるしい存在でした。

    いまにして思えば、ピースが来た時は祖父母が同居し、私が生まれて
    家族に広がりが出た時であり(「ひ」のことだま)
    コロは、私の現実的な成長ととともにあった(「こ」のことだま)
    名前と居えますね。

    手乗り文鳥、猫 鳥と猫ですよ、それが普通に同居していて
    しかも文鳥を狙う蛇をやっつけたのが猫という、そんなこともあった
    我が家のペット事情。
    そう言えば文鳥と猫には「さ」のことだまが入っていました。
    お互いが「幸せを与える」ことだまを持っていたから仲良かったのかしら?

    とにかく何かが一緒にいて、そのおかげでいろんな学びがあり
    人との交流が生まれる‥そんな環境で育ててもらったことはとても
    ありがたいと、いまでも祖父母や両親に感謝しています。

    お小遣いを貯めて私が飼いたかったもの、それが九官鳥でした。
    何故、九官鳥だったんでしょうね?私にもいまだに理由が・・(苦笑)
    しかしあの当時はとっても九官鳥を我が家に!という思いが
    強かったみたいです。

    九官鳥の名前はこれまたありがちに「九ちゃん」笑っちゃうでしょ。
    九官鳥って、人の言葉を真似ますよね。だから変な言葉使いってできない。
    お手本的な存在でもある、「き」のことだまを持っていたんですね。

    その後も捨てられていた犬をしばらく預かっていたりしましたが、
    我が家にとっていまのところ最後お犬といえるのが「エリ」という名の
    女の子の柴犬です。
    祖父が亡くなり、ポツンと空いた空間にやってきたエリ
    その当時は他の動物はいなくて、寂しい状況だったのですが
    そこに新たな広がりを与えてくれたのが「え=枝」のことだまを
    持つエリです。
    (この名前はそのすぐ前に海外移住した友人から貰いました)

    この子は20年ちょっと我が家の家族として生きました。
    なんというか存在感の強い子で(笑)「可愛いね、賢いね」と
    みんなに言われて育ったもので、「私は可愛い♪」としっかり
    インプットされてたんですね。
    私の柴犬マニアぶりも、この子から始ったといっても過言ではありません。

    私も独立していましたし、実家に帰った時しか会わないわけですが
    なんというか、ものすごく気が合ってまさにラブラブ。
    私が誰かにとられると焼きもちをやいて、むっとした顔になるくらいでした。

    彼女が家にいた間、実に様々なことが起こり
    祖母が骨折をしたり、介護状態になったり、私も毎週実家と家の
    往復をしていた時期がありました。
    そんな時期、私たちを支えてくれていたのはエリの無邪気さ。
    寂しがり屋で我儘でしたが、杖をつく練習を一所懸命にする祖母を
    そっと見守る優しさもありました。

    そんなエリが亡くなったとき。。。私は大阪にいたので電話でそれを
    聞いたのですが、なんとなく「あ、もしかしたら」と胸騒ぎしていた
    日でした。

    始終一緒にいたわけでもないのに、何故か深い絆を感じていたエリの死。
    私はそこで初めてペットロスということを実感しました。

    淋しいやら空しいやら、何とも言えない心理状態・・・
    完全に立ち直るまでけっこう時間がかかりましたね。
    その半年後に祖母が亡くなり淋しいことが続いたこともありましたし。

    いまも思い出すと懐かしくなりますし、しばらくは犬を触れない時期が
    ありましたが、いまは今度も柴犬がいいな‥と、
    そんなふうに思っています。

    振り返ってみれば我が家のペット達は、私にいろんなことを
    教えてくれました。
    名前のことだまを学んだとき、自分の名前の使命とともに
    思い浮かべたのは彼等彼女達の顔と名前そしてその時の情景でした。

    その思いで設定したのが「ペットとの相性鑑定」です。
    可愛いライフパートナーとの絆がもっと深まってくれたら
    いいなと心から願っています。

    オリジナルの鑑定書も用意しています。
    12名様無料鑑定キャンペーン中ですので、よろしければ
    ぜひこの機会にどうぞ。
    詳細はこちらからご覧ください

    ホントに長文になりました、お読みいただきありがとうございました。

    **************kotonoha hirari**********************
    私のメインサイト 「ことのは ひらり-名前のことだま鑑定」
    鑑定メニュー
    ○個人鑑定‥あなたの使命がわかります
    ○相性鑑定‥大切な人と何ができるか?を、お伝えします
    ○運気の流れ‥あなたがいま、どんな時期にいるのか?をお伝えします
    ○ペットとの相性鑑定‥ペットの名前からわかるあなたの深層心理 *キャンペーン中*
    *運気の流れのみ、11月から翌年2月までの期間限定メニューです
    *入門講座の開催、3時間グループワーク、ことだま教室の開催
     イベント出展へのご依頼も承ります。

    お問い合わせフォームはこちらです

    **************kotonoha hirari**********************


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Facebookページ

    ことのはひらりHP

    ブログランキング参加中♪

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • [名前のことだま(R)一音鑑定シリーズ〜「そ」の音]
      丸田みどり
    • [名前のことだま(R)一音鑑定シリーズ〜「そ」の音]
      ゆずりは
    • [志ある友人との時間]
      まるたみどり
    • [志ある友人との時間]
      Asami
    • [「ふるつく」になる?]
      ことのはひらり
    • [「ふるつく」になる?]
      モノノフ
    • [今日は(今日も)パワフルなエネルギー満ちる日]
      まるたみどり
    • [今日は(今日も)パワフルなエネルギー満ちる日]
      ノブ横地
    • [私が望むアヴァンダンスを受け取る日]
      asami
    • [表現の言葉はどこまでも美しく〜つばさは永遠に]
      まるたみどり

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM