[狂言の様式美と鎮魂と再生…そして祭]

0

    谷町四丁目の山本能楽堂へ

    http://www.noh-theater.com/

     

    贅沢にも野村萬斎氏の狂言「文荷(ふみにない)」の

    一部を観賞させていただきました。

    表情、動き、声の張り方、一流は一流たる

    ものがある、短い時間でしたがそれを強く感じました。

     

    その後野村萬斎氏と能楽師山本章弘氏のクロストーク

    こちらも大変興味深く。

    オリンピックの演出に携わっておられるので

    そのことへの想いなどもうかがうことができました。

     

    復興の意もあるオリンピック

    鎮魂から再生へと。

    また祭でもあると。

    どのような演出になるのか期待できますね。

     

    また「どのように息継ぎをされているのですか?」との

    質問には「声を出せば(腹の底から)息は自然と入ってくる」

    いつまでも出し続けることはできる。

     

    「テレビや映画と狂言の舞台の違いは?」の質問には

    「狂言は様式美を守ること、ドラマなどの作品は演出家の

    意図があるのでそれに従って。

    但し自分の生理と違うと感じることは伝えるようにしている」と。

     

    本物に触れる機会はそうそうあるものではない

    みなさんもぜひそんな機会があれば

    逃さないようになさってくださいね。

     

    山本能楽堂では「謡い」の練習などもできるように

    なるそうです。

    能舞台もぜひ観てみたいですし、また興味の範囲が広がりそうです。

     

    写真は能舞台、正面からですが

    写った写真に神秘性を感じてしまいました。

    そういう場所ですよね。

     

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:生き方

    JUGEMテーマ:〃言霊〃

    JUGEMテーマ:幸福に生きる

     

     

    この記事を面白いと思ってくださった方へ

    ポチお願いします。励みになります!

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
    にほんブログ村

    *ことのはひらりのセッションについての記事はこちら
    〇40代からの人生をリセットするなら〜ことのはひらり セッションメニュー
    http://kotonoha0401.jugem.jp/?cid=513423

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    profile

    Facebookページ

    鑑定/講座のご依頼、お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

    ブログランキング参加中♪

    selected entries

    categories

            

    Archives

            

    recent comment

    recent trackback

    links

    名前のことだま(R)命名言霊学協会HP

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM