[私のパーソナルヒストリー(part1)]

0
    自分ではなかなか語れない、マイヒストリー
    どこかフィルターかかったり、ぐずぐずして
    進まなかったりするでしょ?

    そこで今回、友人のHosnico代表馬木あづささんが新しく
    始めた「パーソナルヒストリー」のサービスを
    モニターとしてお願いする事にしました。

    馬木さん、いや、あづさんはとっても聴き上手。
    素直に心を開くことができます。
    また聴き上手というだけではなく向き合う
    相手に真っすぐな姿勢も魅力です。

    Hosnicoとは…
    ホスピタリティ・コミュニケーションでニコニコの略。
    リーガロイヤルホテルで国内外のVIPをアテンドする
    ゲストリレーションズや、ブライダルプランナーなど経験。
    おもてなしマインドあふれる人だからこそできる
    インタビューだと思います。

    今回はそのパーソナルインタビューを二回にわけてお届けしますね。


    *インタビューの場はSalon de SUVACOをお借りしました。

    *********************************************


    ことだま師としてご活躍中の丸田みどりさん。「私」を伝えたい、「私のスタイル」を伝えたいと申し込んでくださいました。
    終始笑顔の穏やかな話し方と、こちらがきちんと理解しているかを確認しながら進めてくださる姿が印象的でした
    。みどりさんが「ことだま師」という生業に出逢ったきっかけ、心がけておられること、それを通して伝えたいことをお話しいただきました。

    Q:「ことだま=古代日本より、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力」を名前に活用して
    鑑定する「ことだま師」と出逢ったきっかけをお話しいただけますか?

    A:当時の私は主人の仕事を手伝ってコピーライターの仕事をしていました。
    「(デザイナーである)ご主人とセットだから仕事が来ていいわね」。そんな風に言われ
    「自分もいろいろやっているのに」とモヤモヤと辛かったです。周りからの言葉に翻弄され、
    お客様より同業者にどう見られているかが気になって自信を失っていました。
    今思えば、自分と人とを比較ばかりしていて、自分に目が向いていなかったと思います。

    2006年頃、知り合いの女性が、ことだま鑑定の開発者である山下先生の「ことだま初級講座」を
    受講したというブログ記事を読みました。
    それまでに「言葉には言霊(ことだま)がある」という知識はあった私は、コピーライターとして
    「他の人とは違う仕事ができるな」「音の持つ意味を伝えられるな」と興味を持ちました。

    大阪で先生の初級講座が開かれることになり、ほぼマンツーマン状態で講義を受け、
    自分の名前「みどり」を鑑定していただいたんです。
    すごく意識が変わりました。
    自分が短所だと思っていたところが考えようによっては長所だということに気付き、
    人と自分とは違って当たり前だから、比較する必要はないことが腑に落ちました。
    自分の使命を強く意識しましたね。

    「ことだま」の勉強には神道や落語、言葉の歴史などもありますが、
    どれも大好きなジャンルばかり。
    初級から中級へと、独自の鑑定法についてより詳しく学び、試験を受けると
    「ことだま師」として活動ができると聞いた私は、「それじゃぁ、なります!」と即答しました。
    自分が感じた変化を「伝えられる人になれる!」と感じたんです。


    Q:実際に鑑定をしてみて、一番感じることはどんなことですか?

    A:まず、姓名判断と勘違いされる方が多いということですね。
    姓名判断は、画数などでその名前の吉凶を占うものですが、「ことだま鑑定」は違います。
    名字ではなく名前を見ます。日本語独特のひらがなに、古来の人たちが託した意味を基に、
    その人の名前の意味を伝えます。
    若いお母さんの中には「子どもの欠点を教えて」
    「どこを直したらいいですか?」と訊ねられる方が多いです。
    でも、それは違うと思っています。
    相手の弱点を捉えるものではないんです。

    正負や良し悪しにフォーカスしたり、短所ばかり言うものでもありません。
    名前は、自分の持ち物です。でも、自分で使うことはほとんどありませんよね。
    周りから、自分のことを必要とされて呼ばれるものでしょう?
    みんな、周りが呼びたいように名づけられています。それが使命です。
    「名前のことだま」を知ることで、果たすべき使命に気付き、自信になり、
    自分の心に目を向けていただけたらと痛切に思います。


    Q:鑑定を通して大事にしておられることはどんなことでしょう?

    A:そうですね。まず、自分を丸ごと味わってもらいたいという意識です。
    クセもウラもおもろい。イケてない自分も全てひっくるめて味わう
    感覚を楽しんでもらいたいですね。
    自分の名前を呼ばれるということは、自分が必要とされているということなんです。
    誰もが誰かに求められている人なんだと伝えることも大事にしています。
    名前は、神様から授かったものです。でも、それに縛られないでほしいとも思っています。


    Q:鑑定をして一番うれしい感想はどんなものですか?

    A:「私はこのままで良かったんだと思えました、やっと自分が好きになれました。」です。
    自分は望まれて産まれてきたんだということを感じ、自分を見直し、
    好きになって前に進んでいけるきっかけになることが、とても嬉しいです。
    名前は神様からの授かりもの、宝物です。そこに光を当てることは、
    自分に意識が向くことでもあります。
    自分認識があいまいだと、相手の捉え方もあいまいになります。だからこそ、まず、
    「名前のことだま」を通して自分を明確に捉えて欲しいと願っています。

    -明日に続く


    ※お知らせ〜ブログアドレスが変わります※

    http://kotonoha0401.jugem.jp/

    ブックマーク(お気に入り)に入れて下さっている
    方は、お手数ですが変更をお願いいたします。
    過去の投稿もすべて読んでいただくことができます。
    内容的には何も変わりありませんので、よろしくお願いいたします。


    *****************************************

    *ブログランキングに参加しています!
    ポチッとしていただけると励みになります。

    にほんブログ村 ちょっといい話

    *****************************************

    ◎「名前のことだま鑑定」もう一度自分を輝かせるために〜
    「ことのはひらり-名前のことだま鑑定」

    ことのはひらり 名前のことだま鑑定Facebookページ

    ◎大切な人にことだまのプレゼント!“ことだま幸せしおり”
    「ことだま幸せしおり特設ページ」




    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Facebookページ

    ことのはひらりHP

    ブログランキング参加中♪

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • [名前のことだま(R)一音鑑定シリーズ〜「そ」の音]
      丸田みどり
    • [名前のことだま(R)一音鑑定シリーズ〜「そ」の音]
      ゆずりは
    • [志ある友人との時間]
      まるたみどり
    • [志ある友人との時間]
      Asami
    • [「ふるつく」になる?]
      ことのはひらり
    • [「ふるつく」になる?]
      モノノフ
    • [今日は(今日も)パワフルなエネルギー満ちる日]
      まるたみどり
    • [今日は(今日も)パワフルなエネルギー満ちる日]
      ノブ横地
    • [私が望むアヴァンダンスを受け取る日]
      asami
    • [表現の言葉はどこまでも美しく〜つばさは永遠に]
      まるたみどり

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM